本文へスキップ

出雲大社 観光・旅行記

出雲大社に観光した時の写真や、旅の記録



出雲大社 縁結びの神様に良縁祈願

出雲大社(いずもたいしゃ・いずもおおやしろ)は縁結びの神様、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ・だいこくさま)がまつられています。
縁結びと言いましても、ただ単に恋人・結婚など男女の縁だけではなく、生きるもの全ての縁を言います。
出会いの全てが、縁で結ばれたものとして、あらゆる“良縁”・幸せのご縁に効果をもたらすと言い伝えられています。


大阪から出雲大社へのアクセスtopics

大阪の北摂地域に住む私達は、中国道の池田インターに乗って島根県の出雲大社に向かいました。(6時30分)


中国道落合ジャンクションから米子道に入っていきます。(8時30分・池田ICから175km)


蒜山SA(ひるぜん)で休憩です。(8時50分〜9時30分・落合ジャンクションから36km)





濃厚なジャージー牛乳を使った名物プリン・ジャージープリン340円
プラス100円でソフトクリームをトッピングしてくれます。
ソフトクリームもプリンも、濃厚でした。今までに食べた事のない味で美味しく頂きました。
私的には、プリンの味がしっかりしていたので上にソフトクリームを乗せずにプリンだけで
味わった方が、蒜山特製のジャージープリンを堪能できたかな?と思いました。


たっぷり休憩をとった私達は、蒜山SAを後にして米子インターへ(10時・蒜山SAから36km)
料金は軽自動車3400円でした。


安来インターここからは一般道です。(10時15分・米子インターから15km)350円


松江玉造インターから有料道路に入ります。(10時33分・安来インターから25km)


斐川インター(ひかわ)で降ります。(10時48分・松江玉造インターから20km)料金は600円


終点・出雲インター(11時・斐川インターから15km)


出雲大社に到着!(11時15分・出雲インターから10km)おつかれさまでした

大阪府・中国道池田インターから出雲大社までの車での走行距離は332kmでした。


池田インター⇒落合ジャンクション⇒米子インター⇒安来インター⇒松江玉造インター⇒

斐川インター⇒出雲インター⇒出雲大社 




以上、大阪から出雲大社へのアクセスを記してみました。
大阪出発から出雲大社まで、たっぷり休憩をはさんで5時間弱、休憩なしなら4時間で行けるんですね。
でも長時間運転は、居眠り運転の危険性やエコノミー症候群や、注意力の散漫などの危険があるので
たっぷり休憩を取りましょう

居眠り運転防止の対策グッズ が販売されていて長距離運転の時にはとても便利です。
楽しい思い出にする為にも、長時間運転をする時には常備しておきたいものですね。